DSC_2946-Edit-Edit
DSC_9171
DSC_5455
DSC_9280
DSC_8942-Edit
DJI_0349
DSC_0468
DSC_0508
DSC_1839
DSC_6212
DSC_1197
DSC_1015
DSC_0881
DSC_7912

ドラム式洗濯機を購入した話。〜後編〜


どうも、新しい洗濯機を使ってウキウキ、ハッピー!現在、青空のように澄んだ心の佐々木です。



今回は「ドラム式洗濯機を購入した話の後編」です。


前編はこちら↓

https://www.waichiro-sasaki.com/post/ドラム式洗濯機を購入した話%E3%80%82〜前編〜 


後半の今回は実際に使ってみての感想や5つの大きな気付きを書いていきたいと思います。


前回のおさらい

では、前回のおさらいを軽くしましょう。


・・・ドラム式洗濯機を買ったぜ!それだけだ!


(真面目にやれ)


・縦型とドラム式それぞれのメリット・デメリットがある

・初期投資だけで比べると縦型の方がお得

・ランニングコストを含むとドラム式の方がお得

・設置スペースを必ず事前に確認する

・乾燥機能と洗浄力どちらを重要視するかが重要

・実際に店舗に行って見比べてみる

・店頭価格から少し値引きしてもらえる場合が多い


First impression

イキって英語で書いてみました。てへぺろ。


家に洗濯機が届いたファーストインプレッションは・・・


「でかい!」

(小並感)



実際に店頭でサイズの確認はしてましたが、いざ家に設置してみると改めてその大きさに驚きました。


これまで使ってた縦型と比べ、高さはあまり変わりませんが奥行きと幅がかなり違います



パカッ!開封の儀です。


洗濯槽の模様かっこいい!

(小並感)



パネルがカラフルでおしゃれ!

(小並感)


ボタンも押しやすく、この明るい表示なら真っ暗な状況でも問題なく操作できそうです。


周辺の整理

業者さん諸々の設置作業をしてもらった状態がこちら


(写真撮り忘れて手書きw)


洗面台に隣接するように設置してもらったので、壁側にスペースが出来ました。


このスペースを有効活用しましょう!



ホームセンターで売ってる整理棚を組み立てて、壁側の空いたスペースに差し込んでみると・・・



なんという事でしょう!

(某リフォーム番組風)



匠の手によって空きスペースが無駄のない収納スペースに生まれ変わりました!


高さがあるので排水ホースと干渉する事もありません。


ボックスにはタオルや佐々木のパイナップル柄のセクシーおパンティ、洗剤など風呂関係の物を収納しています。


実際に使ってみた

百聞は一見に如かず。


とりあえず初稼働させてみました。



「わたし流」というコースを選択して洗濯すれば・・・


選択して洗濯wwwww


(一人でウケた)


「わたし流」というコースを選択して洗濯すれば、その時の設定(洗いの回数とか脱水の時間とか)を記憶してくれて、次回から電源入れてスタートボタン押すだけで洗濯が始まるのでめちゃくちゃ便利でした。


洗濯量やコース設定によって変わりますが、だいたい洗濯から乾燥まで3時間前後で終わりました。



洗剤や柔軟剤は洗濯前にこちらに入れておけば、適切なタイミングで機械が投入してくれます。最近人気の「洗剤自動投入機能」は最初にドバッと洗剤を入れておけば1回に使う量を機械が自動的に分割して毎回投入してくれる機能。僕が購入したVX300はその機能が付いてないので毎回1回分の洗剤を入れないといけません。


10日に1回洗剤を入れるか、1日1回洗剤を入れるか。


どちらを選ぶかはあなた次第です。


(突然の都市伝説感)


ちなみに、このVX300の上位機種のVX900には搭載されてました。価格の差は約7万。ほぼこの機能の有無だけで7万の差。


どちらを選ぶかはあなた次第です。


(既視感)


実際に使ってみて気付いた5つの事

①乾燥機能がハンパなく便利

②洗濯と乾燥の容量の差に気を付ける

③日々のお手入れがとても大事

④脱水時の振動が少し気になった

⑤実質無料


ここからが今回の記事で一番伝えたかった事です。

ドラム式を検討中の方はテストに出るので要チェックです。



①乾燥機能がハンパなく便利

まず、これに尽きます。



写メじゃ伝わりにくいですが、タオルとかふわふわに仕上がります。この時期なかなか乾きにくい分厚いパーカーやズボンもしっかり乾いています。


これまで「①洗濯する②干す③乾き待ち④取り込む⑤たたむ」のおおまかに5つの過程を経る必要がありましたが、ドラム式を導入して「②干す③乾き待ち④取り込む」の3つの過程(時間と手間)が省けました。


時間の短縮や手間が省けただけでなく、3時間ほどで洗濯から乾燥まで終わるので天気を心配する必要もないし、生乾きのストレスからも解放され、それまで室内干ししてた部屋が丸々空きスペースになりました。


もうこれだけで買った価値ありました。



②洗濯と乾燥の容量の差に気を付ける

佐々木が購入したVX300BLは「洗濯/乾燥・10kg/6kg」です。例えば洗濯物が8kgある時、いつものように洗濯・乾燥コースを選択すると乾燥時に2kgオーバーしてしまいます。あくまでも目安の表記なんですが容量をオーバーすると十分に乾燥しないまま仕上がったりエラーになる場合があるそうです。なので、洗濯・乾燥を連続して行う場合は洗濯物を少ない方(僕の場合は乾燥6kg)に合わせるのが好ましいです。


まぁ、1人の1日分の洗濯物量は約1.5kgと一般的に言われています。つまり6kgは一般的に4人分の洗濯物量(1.5kg×4人)ということになります。1〜2人暮らしの人なら2〜3日分の洗濯物量なので、普通に2日に1回洗濯してれば問題ないですね。



③日々のお手入れがとても大事

ドラム式は縦型より日々のメンテナンスが重要です。


その中でも特に①乾燥フィルター②排水フィルター(ゴミ取りフィルター)この二つのメンテナンスは必須です。ドラム式で一番多い故障の原因はフィルターの詰まりだそうです。



①乾燥フィルター



こちらが乾燥フィルターです。



たった1回の乾燥でここまで汚れます。


乾燥フィルターの掃除は乾燥機能を使った後は毎回必ずしなければなりません。毎回と聞くと少し面倒に感じますが、実は掃除自体はとても簡単です。